【妊娠体験談】つわりのピークより辛かった、つわりのぶり返し

1年前に結婚して現在第一子妊娠中の30代新米主婦です。妊娠を機に仕事を辞めたのでのんびりマタニティライフを過ごしています。北国出身ですが南国大好き、子供と旅行に行くのを今から楽しみにしています。

妊娠6週頃から始まったつわり

妊娠してるとわかった頃は、生理が遅れている事以外に自覚症状が全くなく、つわりのつの字もありませんでした。

「もしかしてつわり軽いタイプかな~?」と思いながらも、つわりの事をあまり意識しないで過ごしていると、妊娠6週頃から徐々に食べづわりの傾向が…。

お腹が空くと具合が悪くなるので、小まめに少しずつ食べるようにして、具合が悪くなるのを回避していました。
空腹が避けられない朝方など、辛い時間帯もありましたが、基本的には日常生活が送れないほどのレベルではなかったので、「このくらいのつわりで治まってくれたら嬉しいな」と思っていました。

しかし、一筋縄ではいってくれませんでした…

今回は自身が体験した妊娠中に悩まされ乗り越えることができたつわりの症状について経験談をお伝えします。

かつての私と同じように、現在つわりの症状で悩まされている妊婦さんたちに読んでもらえると嬉しいです。

1日でも早くつわりの症状が良くなって安心した気持ちになってくれるよう願っています。

妊娠8〜9週頃にはつわりがピークに

妊娠8週〜9週の頃には、体の火照りや頭痛、吐き気が朝から晩まで治らず、何かしようとしてもすぐに横になりたくなるほどの倦怠感に襲われるようになりました。

「終わりの見えない二日酔いに襲われているようでキツかったです…」

吐き気はあるのに実際に吐くことはなく、ずっと胸や喉のあたりがムカムカしていました。
ですが、嗚咽をすると一時的にでもスッキリするので1日に何十回もから嗚咽しまくっていました。
そのせいでしばらく嗚咽グセがついてしまいました。

基本的にはずっと食べづわりでしたが、つわりのピーク時は食べても具合が改善しなくなりました。
お腹が空いても具合が悪いし、食べてもスッキリしないので何を食べても美味しくなくて、とりあえず義務のようにご飯を食べてるだけでした。

片手で数えるほどですが、から嗚咽していたら実際に吐くこともありました。

妊娠10週頃から徐々に治まってきたつわり

妊娠10週頃からは徐々に症状も軽くなりピークは抜けたなと思ったので、「あとは大人しくつわりがなくなるのを待っておこう」と思いました。
夕方から調子が悪くなることが多かったので、比較的元気な時間帯に買い物に行ったり、少しずつ体を動かしたりするようにしました。

味覚が戻らなかったり、常に眠かったりと症状は少し残っていましたが、具合が悪い時がほとんどなくなってきたので、妊娠13週頃からは外出することが増えました。

つわりピーク時はかなりゴロゴロして過ごしていたので、失った体力を取り戻そうと隣駅まで歩いて買い物に行ったりもしました。しかしそれが良くなかったと思います。

治まったと思ったつわりがぶり返してきたのです、しかも強烈に…

油断していた妊娠13週にぶり返したつわりが強烈だった

「ちょっと動きすぎて疲れたかな」と思った次の日、なんだか体調が優れない…。
体力が底辺まで落ちていたので、「急に動いて疲労が溜まっちゃったのかな」と思い少し横になる事にしましたが、だんだんと吐き気を催すほど具合が悪くなってきました。

吐いても吐いても具合が良くならず、常に気持ちが悪いので横になっていても眠れず、どんなポジションを取っても楽にならないのでただただベッドの上で唸りながらゴロゴロしてました。

もはや呼吸してるだけでしんどい状態…

まともにご飯も食べられず、水分だけでも取らなければと思い、旦那にスポーツ飲料やゼリーなどを買ってきてもらいましたが、結局全部吐き戻してしまいました。

本つわりの時は「食べづわり」だったのに、ぶり返しの時はなぜか「吐きづわり」になってしまいました。

つわりのピークの時は、食べづわりもなかなかキツイと思っていましたが、吐きづわりの方がしんどいな・・と感じました。

幸いにも、つわりのぶり返しは3日程で治まりました。
中にはとてもひどいつわりの症状に悩まされ、場合によっては、入院などをして治療が必要な場合もあります。
私の場合は数日間の症状でしたが、長期間悩まされる妊婦さんもいるんだと思うと可哀想だなと感じました。

妊娠初期はつわりが治まっても油断は禁物

結局、つわりが治まってから、安定期に入るまでの間に、2回ほどつわりのぶり返しに襲われることがありました。
疲れれば疲れるほど、ぶり返しも強烈だったように思います。

本つわりの期間は、眠気でお昼近くまで寝ることも多々あり、具合が悪くて家のことも満足にできず、買い物に行くのも億劫でご飯を作れないこともありました。
1ヶ月近く何もできなくて旦那に申し訳ないなと思うくらいの生活をしていました。
外出もほとんどなく、仕事もすでに辞めていたので、旦那と話す以外で人と会話することも皆無でした。

なので、つわりが徐々に治まってきてほぼ症状がなくなった頃は、安定期までまだ3〜4週間ほどありましたが、もうすっかり元気なのだと勘違いして動きすぎてしまったと思います。それまで毎日部屋着でオシャレすることもなく、外食もできなかったので、やっと外に出て人と話せると思うと多少の無理も厭わない感じでした。完全につわりが治ったと油断していました。

今思えば安定期までの2〜3ヶ月くらい大人しく家で辛抱してれば良かったなと思います。

まとめ|つわりのぶり返しを経験して思うこと

つわりのぶり返しがあったとは言え、安定期に入る頃にはすっかり体調も良くなり、小さなトラブルがありつつも人並みに生活を送れるようになりました。

中期、後期になっても体調不良に悩まされる妊婦さんもいる中で、初期につわりが治まってくれた私は比較的ラッキーだったなと感じています。

でもやっぱり、つわりの症状がなくても安定期に入るまでは無理は禁物だなと、このぶり返しから学びました。

初期はお腹も大きくないし、胎動も感じないし、お腹の中の状態が全く分からないので、自分で判断するしかありません。体調が良くても、お腹に小さな命がいるんだなと言う自覚をきちんと持って、慎重に行動しようと思いました。

▼関連記事▼

  • 初産で前置胎盤!入院〜大出血〜緊急帝王切開を経て第1子出産
  • 後期つわりが始まった!症状と自分なりの対処方法
  • 長い時間辛い前駆陣痛に翻弄された出産劇
  • 本当の出産直前!もはや既に始まっている程の陣痛の最中「ご飯を食べたい!」
  • ~~~~~~~~~~
    primamasライターが選ぶbestサプリ!
    妊活中から授乳中まで安心して続けられる、無添加・オーガニックの葉酸
    Lepeel Organics |レピールオーガニックス

    レピールオーガニックスPC
    ~~~~~~~~~~

    ABOUTこの記事をかいた人

    こまめ

    1年前に結婚して現在第一子妊娠中の30代新米主婦です。妊娠を機に仕事を辞めたのでのんびりマタニティライフを過ごしています。北国出身ですが南国大好き、子供と旅行に行くのを今から楽しみにしています。