妊娠中に糖尿病になる!?妊娠糖尿病とは!?

妊娠と糖尿病の関係性:妊娠糖尿病を考える

妊娠をする前から糖尿病であった人でなくても、妊娠をすると糖尿病にかかるリスクが高くなるのをご存知でしょうか!?

妊娠中に糖尿病を発症する事を、妊娠糖尿病と呼び、そしてこの妊娠糖尿病は今、増えているようです。

平成22年に妊娠糖尿病の診断基準が変わった事で、それまでに診断されなかった軽い妊娠糖尿病はもれなく診断されるようになりました。

これにより、その翌年は診断基準が変わる前年と比べ、妊娠糖尿病を理由に入院する妊婦の数は実に2.5倍にもなったのです。

では何故妊娠中に糖尿病を発症する女性がいるのでしょう!?

今回はその原因を始めとした、妊娠と糖尿病の関係性に関してお話ししたいと思います。

妊娠糖尿病の定義、原因

妊娠糖尿病とは、妊娠中に発症した場合の糖尿病のみを指します。ではどうして妊娠中に糖尿病を発症する事があるのでしょうか。

それは、胎盤から分泌されるホルモンが原因です。

そしてこのホルモンは、血糖を下げる働きをするインスリンの働きを弱めてしまうという特徴を持っています。

正常に妊娠をしていれば、この特徴に負けないくらいのインスリンをしっかり分泌しているので、血糖値に異常が出る事は無く問題はありません。

しかし、妊娠糖尿病を発症する方の膵臓には、このインスリン分泌に関して小さな異常があるようで、この為妊娠中に糖尿病を発症してしまうというわけです。

妊娠糖尿病の治療は何をする?

もし妊娠糖尿病を発症してしまった場合は、治療をしながら妊娠期間を過ごす事になる方がほとんどです。場合によっては入院をする事もあります。

まずは食事療法で血糖値をコントロールしますが、食事療法をしてもなかなか目標値に落ち着かない場合は、薬物療法へと移ります。

そしてこの薬物療法はどんなものかと言えば、それはもちろん、インスリン投与です。

飲み薬で血糖値をコントロールするという療法もありますが、妊娠中はこの方法は避けます。それは、胎盤を通過して胎児に副作用を起こしてしまう危険性があるから。

しかし、インスリン投与はそのような恐れがないので安心して受けられる治療と言えるのです。

気を付けなければならない事No.1は食事

最も気を付けていなければいけない事は、食事です。

食事によって体内に摂取される糖の管理は非常に重要で、大きな影響を与えます。

妊娠中に食事療法を大切にしなければいけないのには、幾つか目的があります。

▼それが下記の通りです▼

  • 母体の血糖を正常化させたいという目的
  • 妊娠中に母体が適正な体重増加をし、胎児の発育に必要な栄養素を摂取する目的
  • 母体が空腹時に飢餓によるケトーシスを起こさない目的
  • 授乳に備えた栄養補給目的

妊娠中は、当然体重が増加しますが、太りすぎてはいけません。

しかし逆に痩せすぎになってもいけません。

ちょうど良い具合で居られるようにするのがとても重要なのです。

まとめ

糖尿病なんて、これまで縁が無かったし問題ないよ!と思っていても、妊娠をきっかけに発症する事は今やそこまで珍しい事ではなくなりました。

妊娠前から食事を気を付けるのはもちろん、もし妊娠中に発症してしまった場合にも、しっかりと食事療法をしながら、そして必要な場合はインスリン治療をするのか、主治医と話し合って決めましょう。

また、妊娠糖尿病になった方は、出産後に2型糖尿病になりやすいと言われていますので、産後にしっかりと血糖値が正常に戻っているかどうかのチェックをしましょう。

そして引き続き、食事に気を付けながら日々を過ごしましょう。何故なら2型糖尿病発症の予防には、日頃の生活習慣を改善する事がとても効果的だからです。

色々と心配になる場合は、しっかりと主治医と話をしてみてください。

▼関連記事▼
妊娠初期のむずむず脚症候群とは?原因や対処法を調べてみました。
妊娠線を予防したいのにお腹に妊娠アレルギーが出た時の事
つわりのピークより辛かった、つわりのぶり返し

~~~~~~~~~~
primamasライターが選ぶbestサプリ!
妊活中から授乳中まで安心して続けられる、無添加・オーガニックの葉酸
Lepeel Organics |レピールオーガニックス

レピールオーガニックスPC
~~~~~~~~~~

ABOUTこの記事をかいた人

よこやまさん

ロサンゼルスで幼児教育を学び、帰国後は都内のインターナショナルプリスクールに勤務。現在はインターナショナルスクール生徒専門の家庭教師、大人向け英会話そして外国人向け料理教室を主宰。現代社会における働き方の変化、そしてコミュニケーションに関する情報を発信している。