後期つわりが始まった!症状と自分なりの対処方法

後期つわりになってしまいました


こんにちは、現在9ヶ月目のこまめです。妊娠後期に入ってからも経過は順調で、予定日まで残すところ2ヶ月を切りました。

お腹もどんどん大きくなってきて動きづらいなと感じることも増え、いよいよだな〜と言う気持ちになっています。

しかし動きづらさにプラスして、最近は謎の気持ち悪さも感じるようになりました。

まるで妊娠初期のつわりのような・・・。

そうなんです、俗に言う”後期つわり”と言うものになってしまいました。

妊娠初期のつわりが無事に治っても、後期に再びつわりに似た症状が現れる人がいることは知っていたのですが、自分はなってほしくないなーと願っていました。しかし願いも虚しく、後期つわりは私のところにもやってきました。

後期つわりの症状

症状としては、寝ても解消されない倦怠感・ゲップ・胃酸の逆流・吐き気・息苦しさなどです。

倦怠感は特に朝起きた時に感じました。夜中の胎動の激しさで眠りが浅くなってるのかなと思います。ゲップは常に出ますが、胃酸の逆流は夜寝る頃に起こることが多いです。

吐き気や息苦しさにはには波があります。身体がカーッと熱くなるような感覚に襲われ、黙って座ってるのも辛く、横になって波が治まるのをじっと待つしかありません。30分〜2時間くらいで治まることが多いので、具合が悪くなったら無理をせずすぐ横になるようにしています。ただ、横になれない場面で具合が悪くなると大変なんですが・・。

後期つわりが起こるタイミング


吐き気や息苦しさに波があると言いましたが、特に決まって具合が悪くなるときがあります。

それは血流が良くなる行動をした時です。お風呂に入ったり、ご飯を食べたりして血流が良くなった後は決まって体調が悪くなります。

ご飯を食べた後は胃が圧迫されていることもあり息苦しさが強いのですが、食べてすぐ横になってはいけないそうなので、黙って座ってることもできず家の中をゆっくりウロウロしたりもしています。

また、朝起きてから2〜3時間も大抵具合が悪くなります。

私は妊娠初期のつわりの際は、朝調子が良く、夕方に向かって徐々に具合が悪くなっていくタイプだったのですが、後期つわりはその逆で午前中にピークがきます。なので健診などで出かける時もなるべく遅めの時間に予約を入れるようにしています。

一番辛かった出来事

後期つわりが始まってから一番辛かったのは、里帰り出産のために飛行機に乗った時です。

飛行機の予約をした時は後期つわりになると思っていなかったので朝一の便を予約してしまい、早起きして家を出るまでゆっくりする時間は取れませんでした。そのため「ちょっと具合悪いな」と思いつつ無理して準備をしていたら、歯磨き中に吐いてしまいました。

でも吐いてみると意外にスッキリできたので、そのまま飛行場に向かいました。

実家までのフライトは2時間もかからないので寝てればすぐ着くし大丈夫だろうと思っていたのですが、離陸してすぐにまた具合が悪くなってしまいました。飛行機の閉鎖的な感じとリクライニングできない息苦しさでやられたようです。

この時も具合悪さに波があったので、黙って耐えてればそのうち治るかなと思っていたのですが、着陸まで後少しと言うところで波がきて再び吐いてしまいました(もちろんトイレで)。更に空港から実家に向かう車の中でも吐いてしまいました(ちゃんと袋に)。

移動の疲れと具合悪さの我慢でだいぶ体力が削られてしまい、改めて妊娠って大変だなと自分のことながら感じました。

私は初期・中期・後期とそれぞれ飛行に乗ってますが、毎回具合が悪くなるのですっかり飛行機に乗るのが恐怖になってしまいました・・。

後期つわりの対処法

具合が悪くなった時は、横になれる時はすぐ横になるようにしています。

また、深呼吸をするのも効果的なので呼吸に意識を持っていくようにしています。鼻から息を吸って口からゆっくり吐くように呼吸をすると、息苦しさや動悸が早めに治まる気がするので、横になれない時などはひたすら深呼吸しています。

実際、飛行機の中で具合が悪くなった時も深呼吸でずっと凌いでました(最終的に吐きましたが笑)。

どうやら陣痛時も呼吸によってうまくいきみを逃すことができるそうなので、呼吸によって後期つわりの息苦しさに対処するのもあながち間違ってない方法なのでは?と思っています。いざ陣痛がきた時の練習にもなりますしね。

後期つわりには終わりがある


後期つわりは赤ちゃんが下がってきて胃の圧迫感が解消される臨月に入ると治まる人が一般的には多いらしく、長くとも出産まで、と言う終わりが見えているもので、精神的には楽かなと思います。

また、症状も人それぞれかと思いますが、妊娠初期よりは症状が軽めで、コントロールも効くので生活にさほど支障は出ないかなと思いました。

ただ、症状が軽いと言えど、妊娠初期に比べてお腹が重く自由に動けないこともプラスして考えると辛いことに代わりはありません。

日常の動作が遅くなっているのに、具合が悪くて横になる時間が増えると、その日やろうと思っていたことができなかったりして、ダメだなと落ち込むこともありました。思ったように行動できず焦りやストレスを感じることは精神的に良くないと思ったので行動パターンを見直すことにしました。

つい元気な時と同じように予定をたてがちなので、予定は1日1個だけにしようと決めました。

まとめ

あと1ヶ月もして臨月に入れば、少しは症状も治まるのかなと期待しています。そうすればいよいよ赤ちゃんに会えるまで後ちょっと。

後期つわりは出産までの最後の試練なのかなーなんて思ったりもしています。

妊娠はつわりと出産時の痛みがフィーチャーされがちですが、いざ妊娠してみるとそれ以外にも様々なトラブルがあって、思っていたよりマタニティライフを満喫するのって難しいなと感じています。

でもいろいろあるからこそ、生まれてきたときの感動もひとしおなんでしょうね。もう少しつわりに耐えながらその日を待ちたいと思います。

 

【PR】植物性葉酸で作られた話題の葉酸サプリメント|レピールオーガニックス
Lepeel  Organics 葉酸サプリメントについて
植物性葉酸についてドクターが解説

ABOUTこの記事をかいた人

こまめ

1年前に結婚して現在第一子妊娠中の30代新米主婦です。妊娠を機に仕事を辞めたのでのんびりマタニティライフを過ごしています。北国出身ですが南国大好き、子供と旅行に行くのを今から楽しみにしています。