夏休みの渋滞回避!!子連れでドライブする際の便利アイテムとは!?

子連れでドライブ、連休中は上手に渋滞を回避しよう

夏休み本番、子連れでドライブに出かける際に気になるのが渋滞です。

連休中だけではなく渋滞には種類があります。

主な原因は「交通集中」ですが、「事故」「工事」によっても発生します。

得に連休中は車で出かけると渋滞に巻き込まれやすくなります。

今回は子連れでドライブする際の便利アイテムやポイントを紹介しています。

お出かけ前に渋滞予測情報をチェック!!

簡単操作で渋滞予測ができる時代。

お出かけ前に渋滞の回避ルートを把握しておく事で快適にドライブができます。

それでも予期せぬ渋滞に巻き込まれるケースもあるので、休憩をとるSAやSP、道の駅などのチェックも必須です。

子供が食べられるメニューや授乳室などが完備されているとママも安心。

ベビーシートに座りっぱなしの赤ちゃんや子供は、外の空気にふれリフレッシュする事も大切です。

渋滞対策!!子連れドライブに必要な便利アイテムとは!?

子連れの車内では必ず常備しておきたいアイテムがあります。

連休中帰省、旅行をする際など移動距離によって便利アイテムは異なりますが充分に準備しておく事で快適に移動できます。

  • サンシェード
  • 保冷剤・保冷マット
  • おでこに貼る冷却シート
  • お気に入りのタオルやブランケット
  • タブレット
  • 暇つぶしの玩具
  • 携帯おうと袋(エチケット袋)
  • 携帯トイレ
  • クーラーボックス
  • 飲み物・食べ物
  • 着替え
  • 絆創膏
  • 母子手帳
  • 粉の解熱剤/li>

車内での食べこぼしなどが気になるので我が家は車のシートを傷や汚れからしっかりガードできるシートも完備。

車酔いのお薬は3歳からが多く販売されています。

2歳半になる息子は今まで車酔いをした事がありませんが、もしもの時の為に携帯おうと袋を購入しました。

子連れの車移動のメリットとは!?

長距離ドライブは時間に追われる事なく自分達のタイミングで出発できます。大荷物と子供の移動は大変!!ですが車だと身軽なので体力も温存できます。

新幹線や飛行機を利用し、現地での足としてレンタカーを借りる方も多くいらっしゃるようですね。

授乳を車内で行える事やオムツ変えなどもパパっとできるという点でも車移動はとても便利。

炎天下の中、電車やバスを待つ必要もないので子供達にも負担が少なく、移動疲れの軽減にもなります。

デメリットは渋滞に巻き込まれる事や駐車場が確保できないなど。

公共の交通機関を利用すれば渋滞に巻き込まれる事や駐車場の確保などを気にする必要がありません。どちらを選ぶのがベストかは行き先や荷物の量、子供の年齢などで検討するのが良いかと思います。

まとめ

車でのドライブは赤ちゃんや子供のペースに合わせて移動できます。赤ちゃんが泣いたり、子供がグズっても周囲に気を使う事がないというのもメリット。

出発時間は子供のお昼寝時などに合わせるなど工夫をし、車内でぐずらない為の事前準備も必要です!!

得に長時間の渋滞に巻き込まれた際は飲料水や食事の確保も大切。

「もしもの時」を考えて準備しておくことで快適に移動できます。

渋滞を避け適正速度で休憩を挟む場所など計画を前日に立てて置くのがおすすめです。

目的地まで楽しくドライブが過ごせますように!!

~~~~~~~~~~
primamasライターが選ぶbestサプリ!
妊活中から授乳中まで安心して続けられる、無添加・オーガニックの葉酸
Lepeel Organics |レピールオーガニックス

レピールオーガニックスPC
~~~~~~~~~~

ABOUTこの記事をかいた人

すくすくママ

生後5日後に、腸捻転(腸回転異常)が発覚、緊急オペを行いNICU(新生児集中治療室)で我が子が治療しました。生後1ヶ月NICU(新生児集中治療室)で赤ちゃんと一緒に頑張っているパパ&ママの参考になれば嬉しいです。第2子の稽留流産を経験しました。計画的に二人目の妊活を再開しました。