妊娠線を予防したいのにお腹に妊娠アレルギーが出た時の事

妊娠線対策は早めが肝心

つわりが治まってきた4ヶ月頃からお腹がぽこっと出てきました。
服の上からじゃわからないけど、鏡で横から見ると出てるな〜と感じるくらいです。

小さな膨らみに幸せを感じつつ、このままどんどんお腹が大きくなっていくのだな〜と思うと怖いのが妊娠線です。

海によく入る身としてはあまりできてほしくない妊娠線・・。早めのケアが大事だと聞いたので、この頃からお腹の保湿ケアをしてみることにしました。

色々ある妊娠線予防の保湿剤に迷う

調べてみるとお肌に優しい妊娠線予防クリームはいろいろあるみたいですが、どれも3000〜4000円とちょいとお高めで、継続して使うには辛い金額・・。

今まで何かを使って肌トラブルになったこともないし、もともと肌が敏感と言うわけでもないので、そんなに高価なものじゃなくてもいいかなと思い、とりあえずドラッグストア等に売ってるお安めの保湿剤を使ってみることに。

赤ちゃんにも使えるものなら優しそうだし問題ないだろと思ったのでベビーオイルを購入しました。

最初は毎日ではなくたまに、お風呂上がりにお腹にくるくると塗っていました。
妊娠すると乾燥肌や敏感肌になったりするらしいのですが、私は特にトラブルもなく今までと同様のスキンケアを行うことができていました。

なのでまさか自分に肌トラブルが起きるとは微塵にも思っていませんでした。

お腹に赤いポツポツが・・更に痒みも

お腹の保湿を始めて数日経った日のこと、お腹に赤いポツポツが見られるようになりました
何だろうと思いつつ、特にかゆみがあった訳でもないので、様子を見てみることに。

もしかしてベビーオイルのせいかなと思ったので一旦使用を中止したのですが、赤いポツポツは消えずむしろ増える一方でした。

気付けばおへそをぐるっと囲むようにしてお腹が湿疹だらけで赤くなり、痒みも伴うようになってしまいました
特に下着があたる部分が特に痒く、足の付け根まで湿疹が広がっていました

かくと悪化すると思い我慢していましたが、あまりに痒かったのか、寝てる間に無意識にかいていたみたいです。

産婦人科ではなく皮膚科へ

これはさすがにまずいと思い、産婦人科に電話で連絡を入れたところ、当院ではなく皮膚科を受診してくださいとのことでした。
そして受診の際には必ず”妊娠中”であることを伝えてくださいと言われました。

早速近くの皮膚科を受診することに。
問診票でも診察時にも妊婦であることは伝えました。

お腹を見せたところ、先生も「あら、ひどいね」な状態。

痒みもあるので、妊娠中でも大丈夫なちょっと強めの塗り薬を処方してくれました。

湿疹の意外な原因

診察時に妊娠中は肌トラブルが起きやすく、いろんなものに敏感に反応してしまうからねと言われ、「やっぱり原因はベビーオイルかな」と考えていたところ、先生に意外な質問をされました。

最近、何か新しい下着とか服とか身につけました?

そう聞かれて思い出しましたが、最近確かに締め付けが嫌になって新しく買ったブラトップを数回着ていました。

もしかしたら、ベビーオイルと新しい服の新品ダブルコンボで皮膚が反応してしまったのかもしれませんが、まさか新調した服で湿疹が出るとは思っていなかったので驚きました。

先生曰く、そこに更に汗をかいたりすると肌が敏感に反応してしまうのだそう。
湿疹が出始めた頃は梅雨を前に一気に気温が上がった時だったので思い返してみると小汗をかいていたような気もします。

湿疹が出やすい条件が揃いに揃っていたと言う訳ですね。

治った湿疹が再発

処方してもらった薬を塗り、なるべく綿100%の肌着を身に付けるようにしていたところ、1週間ほどで痒みと湿疹が引いていきました
最後まで痒みが残ったのは足の付け根で、この辺は一番服と擦れる場所なので仕方ないかなと思いました。

湿疹が引いてから、様子を見て少しずつお腹の保湿も再開しました。

湿疹が治まってしばらくはトラブルもなく順調だったのですが、ある日気づくとまたお腹に赤いポツポツが出てきていました。

そのころは面倒くさくて保湿もサボり気味で、特に新しい服を着たと言うこともなかったので、何に反応したのかわかりませんでしたが、悪化しないように以前と同様保湿を中止しお腹にあたる繊維にも気を付けました。

初めて知った妊娠アレルギーと言う症状

2回目の湿疹はお腹全体に広がることも、痒みが伴うこともなかったので病院には行かず様子を見ていたのですが、ちょうど妊婦健診があり、エコーの際に先生に湿疹を指摘されました。

湿疹が出るのは2回目で、今回は痒くはないことを伝えると、「妊娠アレルギーかもね」と言われました。
妊娠アレルギーと言う言葉はその時初めて聞いたのですが、妊娠することによってアレルギー反応が出やすい体質になってしまうことだそうです。
体質の問題になってしまうのでどうすることもできないみたいで、今回は痒みがないことから様子見と言うことになりました。

幸いにも湿疹は数日で治り、今に至るまで再発はしていませんが、またいつ再発するかもわからないので、お腹の保湿をするたびヒヤヒヤします。

妊娠後期に入れば更に赤ちゃんの成長は著しく、それに伴いお腹も一段と大きくなっていくので妊娠線対策は本格的になっていきます。
最近は気温も更に上がって汗をかく事も増えたので気を付けなければいけないことが増えて困ります。

今まで全く病院に行かない生活を送っていたので、妊娠してからというもの、10年分くらいの病院に通っている気分です。

まとめ

妊娠で体質がガラッと変わってしまうことを身を以て感じた湿疹トラブルでした。

妊娠中はお腹に湿疹が出る人が多いらしいですが、妊娠線予防のために保湿をしたい身としては割と困る症状だなと思いました。

対策としては、肌の状態を見ながら保湿する綿100%などの肌に優しい衣服を身につける汗を放置しないなどが効果的みたいなので、気を付けながら妊娠線予防に勤しみたいと思います。

 

【PR】植物性葉酸で作られた話題の葉酸サプリメント|レピールオーガニックス
Lepeel  Organics 葉酸サプリメントについて
植物性葉酸についてドクターが解説

ABOUTこの記事をかいた人

こまめ

1年前に結婚して現在第一子妊娠中の30代新米主婦です。妊娠を機に仕事を辞めたのでのんびりマタニティライフを過ごしています。北国出身ですが南国大好き、子供と旅行に行くのを今から楽しみにしています。