抱っこ紐のバックルをこっそり外す事件が発覚、赤ちゃんを守るには!?

抱っこ紐のバックルをこっそり外す事件について


引用元:ergobaby
抱っこ紐のバックルをこっそり外す事件がSNSなどによって被害報告や目撃報告が投稿されており、悪質な事件だと注目されています。

抱っこ紐の種類にもよりますがバックルを外されると赤ちゃんが落ちてしまいとても危険!!

大きな怪我や命にも関わる事件です。

公共交通機関であるバスを利用しているお母さんが被害に合われているケースはとても悪質、犯人は捕まっていないそうです。

背中のバックルを外されない為の予防策

  • 背中にバックルが付いていない商品を選ぶ
  • 背中にバックルを抱っこ紐カバーなどで覆う
  • 公共交通機関を利用する際は背中を壁に向ける
  • 落下防止ベルトなどを利用する
  • 上着を着る

背中のバックルを隠す対応策によって未然に防ぐ!!

メーカーによっては、落下防止ベルトも販売中のようです。

まとめ

赤ちゃんと一緒に公共交通機関であるバスや電車のマナーは守りたくても難しい。

周囲に配慮していても理解されない事もあります。

「日本は赤ちゃんや子連れの親子にあまり優しい国ではない」

公共の乗り物を利用する際はいつも「ハラハラ」したり「無事に事なきを得た」と心の中で感じています。

温かくサポートしてくださる方も多くいらっしゃいますが、「肩身が狭い」と感じながら利用しています。

色んな方が利用しているので「あっ関わらないほうがいいな」「視線が冷たいな」と感じたらその場を離れたり、途中下車する事もあります。

我が子が大人になり子育てをする頃には、今よりずっと理解のある日本になっていて欲しいと日々感じるばかりです。

抱っこ紐のバックルを外す嫌がらせをしている方は、今すぐ反省し辞めて頂きたい!!ですね。

~~~~~~~~~~
primamasライターが選ぶbestサプリ!
妊活中から授乳中まで安心して続けられる、無添加・オーガニックの葉酸
Lepeel Organics |レピールオーガニックス

レピールオーガニックスPC
~~~~~~~~~~

ABOUTこの記事をかいた人

すくすくママ

生後5日後に、腸捻転(腸回転異常)が発覚、緊急オペを行いNICU(新生児集中治療室)で我が子が治療しました。生後1ヶ月NICU(新生児集中治療室)で赤ちゃんと一緒に頑張っているパパ&ママの参考になれば嬉しいです。第2子の稽留流産を経験しました。計画的に二人目の妊活を再開しました。