2020年10月以降からロタウイルスワクチンが定期接種へ。

任意のロタウイルスワクチンが定期接種になる!?


任意接種なので自費であったロタウイルスワクチンが2020年10月以降から定期接種へ。

任意だった為、32週までに3回接種。

1回の費用は9,000円合計で27,000円が実費となりましたが息子に接種しました。

ロタウイルス胃腸炎は、乳幼児に多く起こるウイルス性の胃腸炎、5歳までにはほとんどすべての乳幼児がこのウイルスに感染します。

乳幼児の重症化を未然に防ぐ事が出来るのが、経口ワクチン(飲むワクチン)接種です。ロタウイルスに対する抗体ができ、ロタウイルス胃腸炎の重症化を80-90%予防する事ができるようですね。

POINT
ロタウイルス胃腸炎のは小さい子が感染しやすく、感染したお子さんのお世話をするお母さんも負担が大きい!!

生後早いうちに接種を開始するワクチンなので産後すぐに予防接種のスケジュールを組む事をおすすめします。

「ロタウイルス」「おたふくかぜ」「インフルエンザ」は任意なので実費になりますが、「任意予防接種費用の一部を助成している」自治体もあるようです。

2020年10月以降から0歳児に無料で定期接種できるようになれば、子供達の健康も守られ経済的負担が軽くなりますね。

~~~~~~~~~~
primamasライターが選ぶbestサプリ!
妊活中から授乳中まで安心して続けられる、無添加・オーガニックの葉酸
Lepeel Organics |レピールオーガニックス

レピールオーガニックスPC
~~~~~~~~~~

ABOUTこの記事をかいた人

すくすくママ

生後5日後に、腸捻転(腸回転異常)が発覚、緊急オペを行いNICU(新生児集中治療室)で我が子が治療しました。生後1ヶ月NICU(新生児集中治療室)で赤ちゃんと一緒に頑張っているパパ&ママの参考になれば嬉しいです。第2子の稽留流産を経験しました。計画的に二人目の妊活を再開しました。