忙しい子育て中に歯医者に行けてますか?産後のデンタルケアのポイントとは!?

忙しい育児中・・・行けてます?お母さん自身の為に「歯医者さん」!


生後半年を過ぎたころから、歯が生えてくるお子さんがいます。そうするとお母さん達は、その繊細な歯が虫歯にならないように、そして歯茎が健康なままでいられるようにと、歯医者さんに連れていき、定期的にチェックアップをしてもらうのではないでしょうか。

お子さんが歯磨きを嫌がっても、歯医者さんを怖がって拒否しようとされても、愛する我が子のお口の健康を保つ為、必ず歯医者さんへ連れていくでしょう。

しかし、お子さんのお口の健康を考えるのと同じくらい、お母さん自身の歯のチェックアップも大切に考えて、歯医者さんへ行けていますか?

一生付き合う自分の歯は、どんなに忙しくても大切に保ちたいものです。

しかし、事実子育てが始まると、お子さんの事が一番でなかなか自分の事に時間を使えなくなるお母さんがほとんど。

そこで今回は、育児中のお母さんのデンタルケアに関してお話ししたいと思います。

自分の歯のケアは後回しになりがちなお母さんが多い

育児中は子どもの事が一番で、自分の為に美容院へ髪のカットへ行けない!ネイルサロンへ行く事が出来ない!という悩み、ありますよね。

医療関連の問題が発生してしまっては、忙しいからケア出来ないという事も言っていられません。歯のケアはまさにそれです。

虫歯になったり実際に痛みが無いうちは「まあいいや」と、歯医者さんへ行かなくなるお母さんが多いようです。中には、痛みが出たとしても痛み止めを飲めばおさまるし、どうしても我慢できなくなるほど、眠れなくなるほどの痛みが出るまでは我慢してしまう。なんていう方もいるようですが、それはあまりにも危険!

痛みが出る前に定期的にチェックしてもらい、歯のクリーニングをしてもらえれば、虫歯の予防になり、そしてもし虫歯になったとしても、痛みを少しでも感じた時点ですぐに歯医者さんで診てもらえれば、症状が軽い時点に治療をしてもらい、悪化する事を防げます。

悪化してしまうと、歯の神経を抜く必要が出たり、大きな手術になったりして、結果的に手のかかる年齢のお子さんに手をかけたい時間に、予想以上に自分に時間をかけなければならなくなってしまい、それがストレスになる可能性も含んでいます。

日頃から気を付けたい歯のケア方法

歯医者さんへ行く時間がなかなか取れない時は、そうでない時以上に日頃自分でするお口のケアが大切になってきます。ただなんとなく歯を磨くのではなく、歯一本一本をしっかりと、しかし力を入れ過ぎて歯茎を傷つける事の無いように歯を磨きましょう。

食事をした後に軽く水で口をゆすぐ癖をつけるととても効果的です。食後必ず歯磨きをするのが大変な場合でも、十分な効果があります。

歯磨きは朝起きた時と夜寝る前の二回しましょう。寝ている時はお口の中の雑菌が最も繁殖する時間。だからこそ、朝目覚めた時にその菌を洗い流す事で、歯周病や虫歯の予防に繋がります。

糸ようじを使う場合は、軽く口を水でゆすぎ、歯を磨く前にすると良いようです。

何か口さみしくて食べたい時は、チョコレートやキャンディーのような砂糖たっぷりのお菓子ではなく、シュガーレスのガムを噛む事をオススメします。

ガムを噛むと唾液が出る為、口の中を綺麗にしてくれます。

歯が痛いなどの異常があったら歯医者さんへ!というのはもちろんですが、まずはそうならないように日頃から気を付けてみてください。

まとめ

食事から栄養を摂取し、楽しい食事時間から癒しやリラックスを得る為にも、歯を健康に保つ事はとても重要です。

お口の健康が保たれないと、それがきっかけで頭痛を発したり、出来る事が出来なくて鬱状態になったりするリスクもあります。

そうなってしまっては、お子さんの事を最優先して色々考える事すら出来なくなってしまいます。

お子さんをしっかりケアしていけるようにする為にも、まずはお母さん自身の健康を保つ事を忘れずに。

「歯は一生もの」お口の健康は、その中でもとても重要な事です。

~~~~~~~~~~
primamasライターが選ぶbestサプリ!
妊活中から授乳中まで安心して続けられる、無添加・オーガニックの葉酸
Lepeel Organics |レピールオーガニックス

レピールオーガニックスPC
~~~~~~~~~~

ABOUTこの記事をかいた人

よこやまさん

ロサンゼルスで幼児教育を学び、帰国後は都内のインターナショナルプリスクールに勤務。現在はインターナショナルスクール生徒専門の家庭教師、大人向け英会話そして外国人向け料理教室を主宰。現代社会における働き方の変化、そしてコミュニケーションに関する情報を発信している。