産後授乳中のお母さんに必要な栄養素を摂れるサプリを考える

産後授乳中のお母さんに必要な栄養素を摂れるサプリを考える


産まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんの母乳を飲む事で栄養を摂取します。お母さんは自分の為の栄養だけでなく、赤ちゃんの為の栄養もしっかりと摂らないといけませんね。

そこで、日々の食事の栄養バランスを考えて食べる方も多いでしょう。

しかし、実際に食べているものだけで必要な栄養素は十分に摂れているのかと疑問に思う事はありませんか?野菜なら何グラム?お肉なら、お魚なら?そんな不安がある時にとても助かる存在が、サプリメント。

サプリメントは簡単に摂取する事が出来、普段の食事だけでは足りない栄養素を補助する事が出来ます。

授乳中はお母さんが体内に摂取したものが赤ちゃんに直接影響するもの、一体どんなものをどのようにして摂るべきなのでしょうか?

今回は、授乳中のお母さんを助けるサプリメントに関するお話です。

産後に不足しがちな栄養素

では、実際に産後のお母さん達にはどんな栄養素が不足しているのでしょう?

ここでは、特に不足しがちな4つの成分を紹介します。

その1.葉酸
「妊娠をしたいと思った時に摂るもの」というイメージが強い葉酸は、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンB群の一種。

妊娠前も妊娠中も、そして授乳中も是非摂りたい栄養素です。母乳の主な成分である血液を作るのにも大切な成分です。

その2.鉄
母乳の主成分になるものは血液!と考えれば、やはり鉄分を想像する方もいらっしゃいますよね。

鉄分は授乳中に積極的に摂って欲しい成分。

また、出産で出血をすることもあり、早く血液をつくって授乳に備えたい時期には超重要と言えます。

その3.カルシウム
赤ちゃんの成長にとても重要なカルシウムを、赤ちゃんはお母さんの母乳から摂取します。

お母さんの体内のカルシウムが減ってしまうと、骨や爪が弱ってしまいます。

それを防ぐためにも、授乳中は積極的に摂取しましょう。

その4.タンパク質
エネルギーの基になるタンパク質。筋肉や骨をつくり、日々の生活を送る上で絶対に大切な栄養素です。

また、産後太りの体系戻しのためにも重要。それは、産後は筋肉量が減っているから新陳代謝が落ちています。そうすると脂肪を燃焼する事がなかなか出来ず、産後太りの体系戻しが大変なのです。

タンパク質を摂取し、代謝を高める効果も得ましょう。

どんなサプリメントを選ぶべき?

授乳中のお母さんがサプリメントを摂る場合、絶対に気を付けてほしいのが、そのサプリメントが授乳中の方が摂取してもOKな物かどうかという事。

妊娠中や授乳中など、そうでない時とは身体の状態が違うわけですから、人気商品かどうかよりも、身体に合うかどうかを最重視しましょう。

サプリメントを飲む際の注意点

サプリメントは、普段の食事だけでは足りない栄養素を「補うもの」であり、主食ではありません。

食事の代わりにサプリメントだけで済ませるようなことは避けましょう。

また、複数のサプリメントを摂取する事で、気付いたら摂りすぎていたという事があり得ます。

摂りすぎても便や尿で排泄されるものもありますが、中には体内に蓄積されてしまうものもあります。

そしてそれが体調不良を引き起こす場合もありますので、サプリメントの摂取量は過剰にならないよう、注意書きをしっかり読んで行いましょう。

また、医師に相談をすることをおススメします。

まとめ

普段の生活でも、本当に必要な量の栄養素をしっかりと摂れているのか、疑問になる事がありますが、それが赤ちゃんを育てている授乳期であればなおさら。

そして、摂取すべき栄養素の種類や量も違うもの。

医師に相談し、自分に合った物を、合った量と方法で摂取してみてください。

~~~~~~~~~~
primamasライターが選ぶbestサプリ!
妊活中から授乳中まで安心して続けられる、無添加・オーガニックの葉酸
Lepeel Organics |レピールオーガニックス

レピールオーガニックスPC
~~~~~~~~~~

ABOUTこの記事をかいた人

よこやまさん

ロサンゼルスで幼児教育を学び、帰国後は都内のインターナショナルプリスクールに勤務。現在はインターナショナルスクール生徒専門の家庭教師、大人向け英会話そして外国人向け料理教室を主宰。現代社会における働き方の変化、そしてコミュニケーションに関する情報を発信している。