子育て中で自分の時間が取れない!そんな時だからこそリラックスの工夫を

子育て中で自分の時間が取れない!そんな時だからこそリラックスの工夫を


小さな子どもの子育てをしていると、朝起きる時間は早く、日中は家事に子どもの世話にと大変。

月に1日や2日くらいは、旦那様やベビーシッターさんに子どもの面倒を任せて友だちとランチへ行ったり、ヘアサロンへ行ったりと、たまのリラックスタイムはもちろん大切ですが、一日の疲れやストレスを、なるべく翌日に繰り越さない工夫もとても大切です。

ずっと子育てをしているとゆっくりじっくりのリラックスタイムを取るなんて難しい!それはその通り。だからこそ、日常の活動の中に、工夫をしてみる事をオススメします。

今回は、筆写の周りの子育て中ママ達が実践している中でも、特に多い工夫トップ3をご紹介したいと思います。

日々出来る工夫その1.シャンプーやボディソープを自分専用の特別な香りの物にする

リラックス効果を持ち、自律神経を整えてくれる効果も期待できる香り。

アロマオイルを炊いてリラックスをする時間を取るのが難しい場合でも、日々のお風呂タイムに取り入れる事が出来れば安心。

シャンプー、トリートメント、そしてボディーソープなど、毎日使う物を家族とシェアするのではなく、敢えて自分の好きな香りの物を選び自分専用にしてみる事をオススメします。

高級なシャンプーやボディソープなどは、エッセンシャルオイルを含みリラックス効果も高い物がほとんど。

高価な物でなければダメというわけではありません。薬局でも、オーガニックやノンオイルで頭皮や髪に優しいだけでなく、香りにこだわったリラックス効果の高い製品も多く販売されています。

また、お風呂から出て身体にボディローションを塗る習慣がある方はその香りを楽しむのもオススメです。

日々出来る工夫その2.家事をしながら聴くのは子ども向けで無く自分の好きな音楽

小さな子どもの子育てをしていると、子どもが起きている時には童謡を流したり、テレビやYouTubeも子ども向けで、気付いたら子ども向けの曲ばかりを日々聴いている。何て事はありませんか?

それが当たり前と思っている方も多いのですが、お皿を洗ったり洗濯物を干している時など、子ども向けではなく、自分の好きな音楽を聴いてみてください。

香りと同じく、好きな音楽を聴く事には大きなリラックス効果があります。

全て子どもの為に!と、いう気持ちもわかりますが、例えば10分間だけなど時間を区切ってでも、是非自分の音楽タイムを設けてみてください。

とても効果が感じられると思いますよ。

日々出来る工夫その3.子どもが寝てからの時間を自分タイムに

日中は、子どもを公園に連れて行ったり、家事に追われていたりと、忙しくなかなか落ち着かない事が多いかもしれません。

子どもが寝た後は静かで色々と自分の事に意識を向けられるチャンス。もちろん、ご主人と二人だけで話す時間を持つもよし。

一人で自分の好きな映画やテレビを観たり、好きなお茶とお菓子を食べて雑誌を読むも良し。

友だちを電話でお話ししたり、お料理が好きな方はキッチンで作ってみたいレシピを試してみるのも良いでしょう。

自分だけの特別おやつをこの時間に食べるのも、幸せ感が増しますよ。

自分がとにかく好きな事をする時間!として、大切な時間にしてみてください。

まとめ

お母さんで、妻で、女性で、仕事をしている場合はそこに仕事人で、お姑さんと一緒に生活している場合は嫁で、というカテゴリーも加わり、一人の人間なのに色々な面を持ち合わせているのが、子育てに奮闘しているお母さん。

でも、そのように色々な顔を持ち合わせているからこそ、自分一人の時間を大切にし、リセットする事が大切です。

毎日何時間も子育てを忘れて自分の為に時間を使うというわけではなく、毎日する事の中に上手にリラックスの工夫を盛り込めれば、ストレスをなるべくその日のうちに解消する事が出来、それが子育てにも良い影響が出ると考えられます。

楽しく、自分を大切にしながら子育てが出来ますように。

~~~~~~~~~~
primamasライターが選ぶbestサプリ!
妊活中から授乳中まで安心して続けられる、無添加・オーガニックの葉酸
Lepeel Organics |レピールオーガニックス

レピールオーガニックスPC
~~~~~~~~~~

ABOUTこの記事をかいた人

よこやまさん

ロサンゼルスで幼児教育を学び、帰国後は都内のインターナショナルプリスクールに勤務。現在はインターナショナルスクール生徒専門の家庭教師、大人向け英会話そして外国人向け料理教室を主宰。現代社会における働き方の変化、そしてコミュニケーションに関する情報を発信している。