葉酸で母乳の出が良くなるって本当!?授乳期の適切な葉酸摂取量とは?

著者:SARAさんの体験談による出産後の母乳についての投稿記事です。記事投稿後に監修者の補足&訂正(※緑の枠内)を加えて、誤解を含んだ表現や内容をできる限り訂正しています。監修者によって補足&訂正された箇所が、一般の私たちが誤解している可能性があることを広く知って頂きたいので、あえて指摘された箇所をすべて公開しています。

妊活中、出産前、出産後に必要な1日の葉酸の摂取量について

葉酸はビタミンB群の仲間で、赤血球をつくるのに不可欠で、核酸 (DNAとRNA ) の生産に重要な役割を持っています。妊娠、授乳期の女性には、一般成人の倍量(約0.8mg=800μg) の葉酸が必要と言われています。ある医学文献にも、はっきりと、「葉酸は母乳の分泌を促進する」と書かれているそうです。

監修者からの補足&訂正:
妊娠、授乳期の女性には、一般成人の倍量(約0.8mg=800μg) の葉酸が必要と言われています。

2015年版の厚生労働省の日本人の食事摂取基準の概要には下記のように推奨されています。
妊婦の女性は1日あたりの葉酸摂取量は食事性240μg+サプリメント等から240μgとなっています。
授乳婦の女性は1日あたりの葉酸摂取量は食事性240μg+サプリメント等から100μgとなっています。
妊活中の女性は神経管閉塞障害のリスク低減のために1日あたり葉酸摂取量は食事性240μg+サプリメント等から400μgとなっています。
厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要より

葉酸は主に、緑黄食野菜、レバー、卵黄、アボカド、豆類、ライ麦粉などに含まれています。只、葉酸は水溶性ビタミンであるB群の仲間なので、水に溶けやすく、洗浄の時点で葉酸が流れでてしまいます。こんな場合、サプリメントで摂ると効率が良いですね。

『近年、盛んに葉酸の研究が行われており、葉酸は出産後の授乳において、母乳育児を成功させるのに欠かせない栄養素であることもわかっています。』となりますと、葉酸は妊娠する前から、出産後の母乳育児、あるいはそれ以上、長きに渡って必要な栄養素と言えます。

神経管閉塞障害と葉酸の関係について説明を求められたら?

  1. とくにリスク因子のない女性については、市販のサプリメント類によって1日0.4mg=400μgの葉酸を妊娠前から摂取すると、児の神経管閉塞障害発症リスクの低減が期待できる。
  2. 神経管閉塞障害児の妊娠既往がある女性については、医師の管理下に妊娠前より1日4~5mgの葉酸を服用した場合、同胞における発症が低減することが期待できる。

産婦人科 診療ガイドライン ―産科編 2017-日本産科婦人科学会から抜粋

授乳中の女性に必要な1日の葉酸の摂取量とは?

授乳中の女性
厚生労働省が発表している資料によりますと、授乳婦の女性は1日あたりの葉酸摂取量は、食事性240μg+サプリメント等から100μgとなっています。

母乳には赤ちゃんが必要とする栄養成分がしっかり含まれており、免疫成分も含まれているので、大切な赤ちゃんの命を守り、育てます。お母さんがしっかり栄養を取り、赤ちゃんも母乳を与える必要があります。

母乳に含まれる栄養は赤ちゃんにとって、とても大切です。

生まれてきた赤ちゃんへ飲ませる母乳にはたくさんの栄養が含まれていることを知りました。

  • 免疫グロブリン
  • たんぱく質・脂肪・炭水化物
  • ビタミン・ミネラル・糖質

授乳の初めは脂肪分が少なく、糖分、蛋白質、ビタミン、ミネラル、水分が豊富に含まれるさらっとした母乳が分泌されます。

監修者からの補足&訂正:
母乳は赤ちゃんの成長とともに時間が経つにつれて質感や栄養素が少しづつ変化します。
初乳→非常に少ないがミネラルやビタミンも豊富です。ビタミンA、E、およびKの濃度は成乳よりも高い。
2~3週目移行乳→初乳から成乳へ変化する時期です。色と質感がクリーム状になる。脂肪分、カロリー、ラクトース(天然の糖類)の値も高い。
4週目以降成乳→タンパク質、糖類、ビタミンおよびミネラル、さらにホルモン、成長因子、酵素や生細胞などの膨大な数の生理活性成分を豊富に含んでいる。

たくさんの栄養が含まれる母乳に影響するので、葉酸は天然葉酸サプリを選択しています。

授乳期には、1日あたり240μgに加えて100μgの葉酸をとることが厚生労働省から推奨されています。

できるだけ食事から葉酸を摂取するように努めていましたが、葉酸がどうしても不足しそうな日は、葉酸サプリを摂取することで補うようにしていました。

母乳にはたくさんの栄養素が含まれていることを知ってから、どのような葉酸サプリを選ぶべきかも自分なりによく調べたことを覚えています。

私の場合は、添加物の入っている合成葉酸サプリではなく、天然葉酸(植物性由来の葉酸)で作られた葉酸サプリメントを選択するように努めています。

注意点としては、天然葉酸といいながら、合成葉酸で作られた葉酸サプリメントも世の中には出回っていますので、パッケージの裏の成分表を良く確認してみてください。

下記の合成添加物や妊娠中に避けるべき成分が含まれている葉酸サプリは避けるようにしています。

合成添加物の種類

  • 貝カルシウム
  • セルロースV.C.
  • プロリン酸第二鉄
  • ステアリン酸Ca
  • HPC
  • ナイアシン
  • シェラック
  • パントテン酸カルシウム
  • ビタミンB6(V.B6)
  • ビタミンB1(V.B1)
  • ビタミンB2(V.B2)
  • ビタミンB2(V.B12)
  • 増粘剤
  • トウモロコシたん白
  • 葉酸V.D
  • 酸化防止剤(V.E)
  • れんこん
  • 貝殻未燃成カルシウム
  • セルロース
  • クエン酸鉄Na
  • ビタミンB6
  • ビオチン
  • サンゴカルシウム
  • 着色料
  • ビタミンC
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンE
  • ビタミンA
  • ビタミンD3

妊娠中に避けるべき成分

  • 無機鉄(クエン酸鉄Na)
  • ヨウ素
  • 馬プラセンタ
  • ケイヒエキス
  • ホーリーバジルエキス

天然葉酸(植物性由来の葉酸)で作られた葉酸サプリメントにはこれらが入ってないので確認してみて下さい。
これから出産を迎えて、授乳期にはいるママさんたちの参考になれば幸いです!

葉酸授乳期

~~~~~~~~~~
primamasライターが選ぶbestサプリ!
妊活中から授乳中まで安心して続けられる、無添加・オーガニックの葉酸
Lepeel Organics |レピールオーガニックス

レピールオーガニックスPC
~~~~~~~~~~