生後0か月の赤ちゃんの生活、タイムスケーシュールや発達について振り返ってみました。

生後0か月の赤ちゃんの生活

プリママーズをご覧のみなさまこんにちは!
生後7か月の男子を子育て中の新米ママ、erikaです。

早いもので息子ももう7ケ月。いろんな方に言われていましたが、子どもはあっっっっっという間に成長していきますね!

毎日一緒にいるのでなかなか気づきませんが、新生児の頃の写真をみると小さすぎてびっくりしてしまいます。いったいいつの間にこんなに育ったのでしょう??

成長はもちろん嬉しいのですが、こんなにすぐに大きくなってしまうのはちょっと寂しいな。
(とはいえまだまだ赤ちゃんですが)

そんな新生児の頃の息子の生活リズムを振り返ってみたいと思います。

生後10日まで(入院中)

私は緊急帝王切開での出産となったので、
病院には産後10日間入院していました。

その後里帰り先である実家に戻るのですが、
入院中と実家とでは息子の生活もだいぶ変化しました。

病院での息子の生活や様子

  1. 授乳:1~2時間おき
  2. おしっこ:10回前後
  3. うんち:3~4回
  4. 睡眠:細切れ。昼間よく寝て夜は起きる

当たり前なのですが、産まれたてのこの頃は息子はまだ朦朧としている感じでした。寝ているか、泣いているかという状態。

妊娠中、夜になると胎動が激しくなっていたのですが、産まれてもまだ昼夜逆転していたようで、夜はよく泣いていました。周りのお部屋からも夜はとくに泣き声が聞こえていたので孤独ではなかったですが、それでも毎日夜が来るのが怖かったのを覚えています。

それでもなんとか昼夜のリズムをつけようと、夜8時頃からは部屋の電気を消して「夜だよ~」と分かってもらえるようにしました。

朝は6時頃にはカーテンを開けて明るくしていました。

苦労したのが授乳です!

当然のことながら、息子も私も超初心者!

初心者どうしの授乳は本当に大変で、私はどう口に咥えさせて良いのか分からないし、息子も乳首が口の前にあったとしてもなかなか吸い付けないという状況で・・・。

まだ母乳の出もそんなに良くなかったので、前搾りをしたり、看護師さんに付きっきりでアドバイスしてもらったりして、真冬なのに毎回汗だくで授乳していました。

それも1~2時間おきに!

今思うとよく頑張っていたなと思います。

基本的に病院は母子同室でしたが、大変なときは新生児室に息子を預けてお世話してもらうという事もできました。

夜中、眠すぎて、泣き止まないのと授乳が辛すぎて、何度も新生児室のドアの前まで行ったのですが、どうしてもそこでドアを開けるのが悔しくて、結局一度も新生児室に息子を預けることなく、入院生活を終えました!

もう、意地ですね!

  • 息子と一緒に母親としてのプライドも生まれたようです(笑)

    生後10日以降(実家の生活)

    そんな10日間の入院生活を終えて、里帰り先である実家に戻ることなります。

    病院での息子の生活や様子

    • 授乳:3時間おき
    • おしっこ:10回前後
    • うんち:3~4回
    • 睡眠:なんとなく夜は寝るように、昼もお昼寝の時間が固定されてそれ以外は起きていられるようになってきた

    胎児のときに1か月暮らしていた家が落ち着くのか、実家に戻ってからの息子はなんとなく生活リズムが安定してきました。

    夜は4~5時間まとめて寝てくれるようになり、私もかなり体が楽に!

    日中も、朝寝・昼寝・夕寝となんとなくですがリズムができてきて、とくに朝の沐浴のあとは3時間ほど朝寝をするようになりました。

    この時間が私にとって貴重なお休み時間となり、自分も睡眠をとったり、気分転換に本屋さんに出掛けたり、読書をしたりと、すこし生活に余裕がでてきました。

    授乳はまだ手こずってはいましたが、間隔を3時間まで空けられるようになりました。3時間あけたほうがおなかがすく分、息子もよく飲んでくれました!

    少しずつ赤ちゃんのいる生活に慣れてきたとはいえ、それは母が食事を作ってくれて、掃除もしてくれて、私はただひたすらに育児さえ頑張れば良いという環境だったので、本当に家族には感謝ですね!これがもし里帰りなしで、いきなり主人と赤ちゃんとの生活になっていたら・・・自分が餓死していたかもしれません(笑)

    この時期に自分(や主人)の食事を作るとか、掃除洗濯をするとか、考えられないくらい大変だと思います!ですので、産後里帰りをしないで生活しているママさんは心の底から尊敬しています。

    いま思う事

    今でこそ少しずつ育児というものに慣れてきて、息子をあやしながら家事をしたり、寝かしつけなどもすんなりできるようになってきましたが、

    0か月の頃は母子ともにこの世で生きていくのに必死だったなと思います。

    欲を言えばもう少し新生児期の子育てを楽しめれば良かったのかな、とも思いますが、あの頃の私にそんな心の余裕は無かったですね。

    でも、この時の苦労があって今がある。

    いま新生児を育てていて大変なママさんにも、この時期だけの幸せを噛みしめてもらいたいな~と思います!

    【PR】植物性葉酸で作られた話題の葉酸サプリメント|レピールオーガニックス
    Lepeel  Organics 葉酸サプリメントについて
    植物性葉酸についてドクターが解説
  • ABOUTこの記事をかいた人

    ERIKA

    1月に第一子出産予定のプレママです。30代後半になっての初産に不安もありますが、我が子に会えるという楽しみにわくわくしています。 かっこいいママを目指して頑張っていきたいです!