注目されている自宅出産のメリットとデメリットを考えてみよう

注目されている自宅出産のメリットとデメリットを考えてみよう

大きな総合病院や地域に密着した産婦人科医院で出産をしようと考える方が多い中自宅での出産を考える方が今、増えているようです。

医療従事者や医療機器が揃った医療施設ではなく、いつも自分が生活をしている空間の中で出産をする事で、なるべくリラックスをしながら出産に挑めるという考えを持つ方も多いでしょう。

しかし、新たな家族の誕生、命を産みだすという事は、その出産中に様々なリスクも考えられます。

だからこそ、何かあった時の為にすぐ対処出来る医療機関での出産をする方が多いわけです。でも、なるべく自然な形で自然な空間で産みたい!という意見も同時にあるのが事実。

という事で今回は、自宅出産に関して一緒に考えてみたいと思います。

どんな状態なら自宅出産が可能なのか

まず、自宅出産とはそもそもどういう事なのかを理解しておきましょう。

それは、自宅という、いつも自分が生活している場所で出産をするという事。

そんなの解ってるよ!という声が聞こえてきそうですが、これをシンプルに考えてみるとそれはつまり、万が一の事が何か起こった場合に、「病院のように医療従事者が専門技術を駆使して医療機器を扱い対処するという事は、無理だ」という状況で出産を行うという事なのです。

自宅出産をしたいと考えてもそれが可能か否かは医師に判断してもらう必要があります。

自宅出産を出来ると考えられるのは、「妊娠期間が良好に経過し」「健康な状態であり」「出産当日に何か大きな問題が起こる可能性が極めて低い場合」という事になります。

妊娠期間中は健康であったけれども、出産直前に状況が変わる可能性もあります。

その場合は連携している病院等での出産の検討を含め、主治医に相談をしましょう。

更に、出産当日まで問題なく来ていたとしても「実際に出産が始まったら問題が起こる事も有り得ます」必ず何も問題なく進むという保証は無いという事も、頭に入れておきましょう。

自宅出産のメリット

では、自宅出産がどうして注目されているのかを考えましょう。それはもちろん、そこには魅力的なメリットがあるから。

そしてそのメリットの中でも一番言われているのが、いつも生活している空間での出産という事で、緊張感を緩和しリラックスできるという事。

陣痛が来てすぐに産まれるという方ばかりではないのが出産というもの。陣痛が来てから何十時間も産まれなくて、苦しい思いをする方も少なくはありません。

その時間中、自宅にずっと居られたら病院という非日常的な場にいるよりももちろんリラックス効果は高いと考える方が多いのも納得ですね。

また、陣痛が来てから病院へ移動する必要が無く産後の入院も無い為移動による身体の負担が軽いというのもポイント。

更にこれも多くの方がおっしゃる事ですが家族全員で新たな命を迎え入れ絆が深まるという心の繋がりを強く感じる方も多いもの。

日常を過ごす空間での出産には、このような嬉しいポイントがあります。

自宅出産のデメリット

逆にそのデメリットはと言うと、前出の通りそれは、医療的処置がすぐに出来ないという事に尽きるでしょう。

病院等の医療施設で出産をする場合、妊婦さんは陣痛が始まり病院に到着するとすぐ、お腹にモニターという機械をお腹に装着してもらいます。

このモニターで、お腹の中の赤ちゃんの状態や陣痛の波を確認します。

モニターを装着してからそれらをずっと確認出来る為、異常が発生した場合はそれをすぐに検知し、必要に応じて処置を素早く行ったり、場合によっては帝王切開へと出産方法を切り替えたりと、迅速な対応をする事が可能です。

しかし自宅出産で、このモニターはありません。助産師がお母さんの状態とお腹の状態を確認しながら出産を行いますが、モニターと違い外からの確認のみになります。

その為、万が一異常が発生してもその発見が遅れたり、発見をしてもそこから救急車に連絡。到着を待ち、病院へ搬送、と考えると時間がかかってしまうのは否めません。

出産時の異常は、一刻も早く対処をしないと赤ちゃんの命に関わります。

事実、自宅出産での赤ちゃんの死亡率は、医療施設での出産と比べると実に3倍以上にも上るという事が明らかになっています。

まとめ

メリットはもちろんですが、反対にデメリットがあるのも事実。

そしてそのデメリットは、命にかかわるという大きなもの。

どんなに健康な状態でも、絶対安全という言葉は、出産には当てはまらないと思っていてください。

「予測不能な事が起こりうるもの」という事は必ず頭に入れておきましょう。

しかし、実際に自宅出産をした方達は、家族が常に周りにいてサポートを受ける事が出来、とても幸せな出産をしたとおっしゃる方がとても多いのも実際の事。

自分がどんな出産を求めているか、そしてそれが自宅出産の場合は、しっかりと主治医と相談してみてください。

▼関連記事▼
バースプランについて掲載しています。
初めての妊婦健診。病院選びでの失敗談

~~~~~~~~~~
primamasライターが選ぶbestサプリ!
妊活中から授乳中まで安心して続けられる、無添加・オーガニックの葉酸
Lepeel Organics |レピールオーガニックス

レピールオーガニックスPC
~~~~~~~~~~

ABOUTこの記事をかいた人

SARA

3結婚から1年経って妊活をスタートしました!!妊活って何から初めていいのか正直分からなかったので基礎知識は病院で教わりました。妊活~産後の体験談を掲載しています。